一度は読みたい本 私のおすすめ本

嫌われた監督、落合博満氏

嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか

嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか (文春e-book)

落合博満氏はプロ野球選手時代には3度の三冠王に輝き、

監督時代には8年間で4度のリーグ制覇、

1度の日本一に導いた前人未到の実績を誇っています。

 

私はなぜか落合博満氏にずっと惹かれていました。

三冠王を取る!

と宣言し続け、実際に2年連続で三冠王になった時には

有言実行するすごい人だとつくづく思いました。

 

そのシーズンオフに中日に移籍したこともあり、

中日ファンだった私はその後も三冠王を取ることを期待

しながら応援していました。

 

落合氏が監督になった当時は、

もう野球にほとんど興味が無くなっていたのですが、

この戦力のまま優勝します!

という宣言に興味を惹かれて、再び応援する様になりました。

 

そしてまた有言実行、本当にその年優勝してしまいました。

落合氏が監督だった8年間は毎試合チェックするほどの

中日ファンに戻っていました。

 

しかし落合氏が監督を辞めてからは、

また野球に興味が無くなってしまいました。

 

私は落合監督時代の強い中日が大好きでした。

 

この本は、落合氏が中日の監督だった当時の様子を、

番記者だった著者が落合氏との直接の会話や

当時の中日の選手たちのエピソードを交えて綴っています。

 

一部の側近を除き、選手やコーチとも距離を置き、

孤立しながらもチームを強く導いていく様子、

そして実はすごく疲弊していた様子も伝わってきます。

 

チームを強くすることを最優先に思慮深く行動しつつ、

その真意をほとんど語らないため選手も含めた周りの人にとって、

何を考えているのかわからない謎めいた人だった様です。

 

球団や新聞記者からは嫌われていたようです。

いろいろ物議を交わしたこともたくさんありましたが、

実は独自の視点で非常に合理的な判断をしていたことも窺えます。

 

この本が売れているそうです。

実は落合ファンが多いのではないでしょうか。

 

この本を読んでから、

数年前に読んだ落合氏自身の著書「采配」を読み返しました。

とても選手のことを考えていた人だということがわかります。

采配

 

ただ、この本では選手とコミュニケーションを取った上で行うと

書かれていることが、実は選手とあまりコミュニケーションが

取れていなかったみたいです。

 

どちらの本も、

いかに組織をまとめるか、いかに人を育てるか

参考になります。

 

 

 

当サイトの記事一覧

 

まずは自分が幸せになりましょう!

 

 

 

とりあえず行動しましょう!

 

 

 

 

 

読書しましょう!

 

 

 

人生を楽しみましょう!

 

 

 

 

 

-一度は読みたい本, 私のおすすめ本