一度は読みたい本 私のおすすめ本 自分を気持ち良くさせよう 願いは叶う

自分が発する周波数を上げると夢が叶う!

 時間と空間を操る 量子力学的習慣術

時間と空間を操る「量子力学的」習慣術

思考は現実化するってよく言われてますよね?!

でも、

なぜ?

どうやって?

を聞いたことありますか?

 

この本は量子力学で説明してくれてます。

量子力学は、今までの古典力学がでは説明出来ない素粒子を扱ったもので、

理系の私にもちんぷんかんな世界です。

 

素粒子は突然現れたり消えたり、

1つだったのが2つに分かれたりと一般の物理法則が全く通用しません。

 

量子力学によって、今まで物理学では扱って来なかった意識とかあの世の事などが

説明できるようになってきたという話は知ってました。

 

この本は誰でもわかるように、意識についてとても易しく説明してくれてます。

意識次第で、時間も空間も変えられ、思考が現実化するとのことです。

 

意識は、光の元であるフォトン(光子)という素粒子だそうです。

スピリチュアルの世界では、魂は光だと言われてますが、それにも納得できる内容です。

 

 周波数を上げると夢が叶う!

人は誰でもそのフォトンを発しているそうです。

 

素粒子は波の性質と粒の性質を持っているので、

波の性質でいえば発する周波数を高めるほど、

粒の性質でいえば発する個数を増やすほど、

思っていることが現実化するそうです。

 

波は同じ周波数であれば共振という強め合う現象が生じます。

高い周波数を発すれば高い周波数を発した人と共振し、

周りに高い周波数の人が集まってきます。

 

高い周波数の人が集まることで効果がさらに上がりますし、

高い周波数を発している人と一緒に過ごすことで、

自ずと周りの環境が良くなります。

 

世の中の物質はすべて素粒子で出来ています。

人が発するフォトンが他の素粒子に影響を与えることで

その素粒子が物質化し、周りに起きる出来事が変わるようです。

 

ではどうすれば周波数を高める(個数を増やす)ことが出来るのでしょう?

基本的には良い感情を持つほど周波数が高くなるそうです。

究極には愛と感謝の気持ちが最も周波数が高くなるとのことです。

 

自分が発する周波数を上げる方法

では周波数を高くするための具体例が書かれた本を紹介します。

「自分発振」で願いをかなえる方法

量子力学的習慣術と同じ著者です。

まずは自分を肯定する「自分ほめ日記」を始め、

周りの環境に対して感謝の気持ちを持つ「おかげで日記」を勧めてます。

 

「周波数」を上げる教科書 世界一わかりやすい 望む現実を創る方法

リラックスして幸せな気分をイメージしてエネルギーを高めたり、

成功した将来の自分(ハイヤーセルフ)とつながることをイメージします。

 

著者のまきろんさんが画面を通して

エネルギーを高めてくれる動画が付属してます。

 

どちらも具体的な方法が記載されてておすすめです。

私も実践中です!

明らかに会社で人から話しかけられることが多くなったり、

少し変化を感じています。

 

 

 

当サイトの記事一覧

 

まずは自分が幸せになりましょう!

 

 

 

とりあえず行動しましょう!

 

 

 

 

 

読書しましょう!

 

 

 

人生を楽しみましょう!

 

 

 

 

 

-一度は読みたい本, 私のおすすめ本, 自分を気持ち良くさせよう, 願いは叶う