体験談

断捨離で発生した資源ごみを処理!低所得者層が猛暑の犠牲になってる?

資源ごみ回収ボックス

盆休みに家の中を断捨離したら、紙類の資源ごみが大量に出ました。

資源ごみの回収は毎週あるのですが、

週末に地区の中学校が資源回収する予定になっていたので、捨てずにおきました。

 

ところが、一昨日になって急に中止の連絡がありました!

理由は愛知県独自の緊急事態宣言が出てるから。

 

おいおい!大量のゴミをまだ持ち続けるのか!!

緊急事態宣言が出たのは随分前なのに今さら?!

 

なんて思ってしまいましたが、ホームセンターに回収ボックスがある事を思い出し、

無事捨てる事が出来ました!

いつでも捨てられる回収ボックスがあるってありがたいですねー!

 

思い返せば、中止の連絡もほんとに奇跡的に知りました!

田舎なので中止の連絡を町内放送で流してたのですが、平日の日中なんていない事が多いし、

家の中にいたらほとんど聞こえません。

それがちょうど帰宅して車から降りたタイミングで流れて来たんです。

 

なんてラッキー!

 

この猛暑にエアコン無しって?

しかし、暑いですねぇ。。。

熱中症で亡くなった人の多くが、家の中でエアコンを使ってなかったとか。

 

この猛暑にエアコンを使わない人が多いなんておかしいと思いませんか?

 

もしかしたら、エアコンが無い、あっても使えない低所得者が犠牲になってるのでは?

そんな事を考えてしまいました。

 

日本は確実に貧富の格差が広がってます。

今回のコロナ禍で、低所得層はさらに増えるでしょう。

 

新しい収入源を確保するなど、まずは自分の身を守り裕福になりましょう!
そして自分が満たされたら、溢れた分を周りの人に分け与えましょう!

そういう人が増えて、低所得層が減っていく事を心から願っています。

 

 

 

 

当サイトの記事一覧

 

まずは自分が幸せになりましょう!

 

 

 

とりあえず行動しましょう!

 

 

 

 

 

読書しましょう!

 

 

 

人生を楽しみましょう!

 

 

 

 

 

-体験談

© 2021 実はシンプル!誰だってすぐにでも幸せになれる!! Powered by AFFINGER5